眼瞼下垂

目もとの美容

眼瞼下垂 病気の説明と治療について

世の中に認知され、多くの情報を得られる「眼瞼下垂」。しかし、情報が多いがゆえ、いい加減な情報も多くなっています。「眼科」「形成外科」両方の視点を持つ私から見た「眼瞼下垂」についてのお話しをさせていただきます。
目もとの美容

上まぶたの解剖

まぶたは横幅約2.5cmと小さいですが、眼球を守るという「機能」と外見上の「見た目」両方を司るとても大事なパーツです。まぶた、今回は特に上まぶたについて解説します。
アートメイク

もし眉下切開手術を受けるなら。術後の注意点をお話しします。

まぶたのたるみ取りの手術は①重瞼術(埋没法)②重瞼術(切開法)③眼瞼下垂④眉下切開に分けることができます。この中で一番自然で顔の印象が変わらないのが眉下切開です。眉下切開を受けることを検討されている方へ、術後の注意点を全てお話しします。
目もとの美容

もし眼瞼下垂の手術を受けるなら。術後の注意点をお話しします。

年間200件くらいの眼瞼下垂の手術を執刀しております。一人一人極限まで細かく丁寧に手術しておりますが、100点のまぶたにするため、患者さんに守っていただきたいことがあります。
目もとの美容

私が全てのまぶたの手術で顕微鏡を使う理由

私が最も他の術者と違うのは、「全てのまぶたの手術で顕微鏡を使用」する点にあります。アートメイクも手術用ルーペを使用します。なぜならば、視野を拡大することにより「細かく」「きれいな」施術ができるからです。
目もとの美容

美容クリニックで施術を受けても効果が実感できず継続しなかった方へ

美容医療に携わり出してから、周囲の女性から美容相談を受けることが多くなりました。「美容医療への関心が高い」「施術を受けたことはあるけど、効果を感じられずに途中で止めてしまったた方が多い」ことを実感します。なぜ効果が感じられないのでしょうか?
目もとの美容

美容医療は「うさん臭い」のか?

美容医療に対して、皆さんはどのようなイメージを持っていらっしゃるでしょうか?「お金が高い」「うさん臭い」からネットで情報収集だけしとこ…。みたいに考えている方が多いのではないかと思います。しかし、多くの医師は真摯に治療に向き合っています。
目もとの美容

埋没法の二重手術で上まぶたのたるみ取り ○○才以上は効果が薄い!

二重手術として行われることが多い埋没法ですが、年齢とともに気になってくるまぶたのたるみ取りにも応用されています。しかし、あまりにもたるみが強い場合は切開法をお勧めしています。顕微鏡を使用し繊細な手術をすれば腫れは最小限に抑える事ができます。
目もとの美容

眼瞼下垂の手術 手術時間は〇〇分がベスト!

様々なHP上で眼瞼下垂の手術時間に関して言及されています。「20分くらいで終わる」と短さを謳っているものもありますし、「1時間半かけて丁寧に手術します」と「丁寧さ」が強調されているものもあります。が、私は40〜70分がベストと考えています。
目もとの美容

まぶたの手術を専門とする「眼形成」とは?

「眼形成」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?眼科?形成外科?どちらなのでしょうか?答えは「両方」です。眼科としての機能面と形成外科としての審美面、両方を合わせて専門的にまぶたの手術を行う、「いいとこどり」の分野です。
タイトルとURLをコピーしました