眉下切開(眉毛下皮膚切除術)

アートメイク

もし眉下切開手術を受けるなら。術後の注意点をお話しします。

まぶたのたるみ取りの手術は①重瞼術(埋没法)②重瞼術(切開法)③眼瞼下垂④眉下切開に分けることができます。この中で一番自然で顔の印象が変わらないのが眉下切開です。眉下切開を受けることを検討されている方へ、術後の注意点を全てお話しします。
目もとの美容

私が全てのまぶたの手術で顕微鏡を使う理由

私が最も他の術者と違うのは、「全てのまぶたの手術で顕微鏡を使用」する点にあります。アートメイクも手術用ルーペを使用します。なぜならば、視野を拡大することにより「細かく」「きれいな」施術ができるからです。
アートメイク

眼科医の私がアートメイクを手がける理由

もともと眼科医である私ですが、アートメイクも手がけております。それは、私が手がけている年間約500件の手術の中で2番目に件数が多い眉下切開(眉毛下皮膚切除術)術後にできる細い傷あとを隠すことができる素晴らしい技術です。
目もとの美容

まぶたの手術を専門とする「眼形成」とは?

「眼形成」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?眼科?形成外科?どちらなのでしょうか?答えは「両方」です。眼科としての機能面と形成外科としての審美面、両方を合わせて専門的にまぶたの手術を行う、「いいとこどり」の分野です。
目もとの美容

眉下切開+眉アートメイク=300,000円 で行います。

眉下切開はきれいに縫えば傷あとは目立ちませんが、体質などもありどうしても目立つ場合があります。その場合は、眉下切開後に眉アートメイクを入れると眉の中に傷あとを隠すことができます。眉下切開+アートメイクで300000円です。
アートメイク

眉下切開の傷あとを消すアートメイクとのコンビネーション

現在大流行している眉下切開(眉毛下皮膚切除術)。メリットもたくさんありますが、どんなにきれいに縫っても傷あとを消すことはできません。眉下切開の後に眉アートメイクを施術することで、傷跡を眉の中に隠し傷あとを「見えなく」させることが可能です。
目もとの美容

眉下切開(眉毛下皮膚切除術)が向いているタイプとは?

顔の印象を変えずにまぶたの重みをすっきりさせる「眉下切開(眉毛下皮膚切除術)」は美容外科で大流行しています。しかし、どんな手術にもメリットとデメリットや向き不向きがありますので、それらをきちんと理解した上で手術に臨みましょう。
タイトルとURLをコピーしました