二重(重瞼)術

目もとの美容

重瞼(二重)術 埋没法 瞼板法と挙筋法の違いとは?

二重手術には埋没法と切開法があります。そして細かく分けると、埋没法には瞼板法と挙筋法があります。しかし、まぶたの手術を専門とする「眼形成」の立場からは瞼板法は絶対にお勧めしません。
目もとの美容

重瞼(二重)術 埋没法と切開法 どちらが良いか?

いわゆる「美容外科」「美容クリニック」では「腫れない」「まわりにバレない」という埋没法の宣伝が非常に多いですが、本当に腫れないのでしょうか?答えは「埋没法でもしっかり腫れます」し、「技術力があれば、切開法の方が明らかに優れ」ています。
アートメイク

もし眉下切開手術を受けるなら。術後の注意点をお話しします。

まぶたのたるみ取りの手術は①重瞼術(埋没法)②重瞼術(切開法)③眼瞼下垂④眉下切開に分けることができます。この中で一番自然で顔の印象が変わらないのが眉下切開です。眉下切開を受けることを検討されている方へ、術後の注意点を全てお話しします。
目もとの美容

埋没法の二重手術で上まぶたのたるみ取り ○○才以上は効果が薄い!

二重手術として行われることが多い埋没法ですが、年齢とともに気になってくるまぶたのたるみ取りにも応用されています。しかし、あまりにもたるみが強い場合は切開法をお勧めしています。顕微鏡を使用し繊細な手術をすれば腫れは最小限に抑える事ができます。
タイトルとURLをコピーしました