目もとの美容

眉下切開(眉毛下皮膚切除術)が向いているタイプとは?

顔の印象を変えずにまぶたの重みをすっきりさせる「眉下切開(眉毛下皮膚切除術)」は美容外科で大流行しています。しかし、どんな手術にもメリットとデメリットや向き不向きがありますので、それらをきちんと理解した上で手術に臨みましょう。
目もとの美容

退行性下眼瞼内反症 治療 Lateral Tarsal Strip

退行性下眼瞼内反症はまぶたのゆるみが原因でJones変法は筋肉のゆるみを取る手術、というところまでは前回お話ししました。 下眼瞼内反症の原因である「ゆるみ」とは、筋肉(LER)だけではありません。 まぶたの縁にある「瞼板」は、つ...
目もとの美容

退行性下眼瞼内反症 治療 Jones変法

下眼瞼内反症の治療法は色々ありますが、私は縦のゆるみを取る手術はJones変法を用います。解剖学的に正しく、傷跡もほとんど残らないためです。時間は約15分。ゆるんだ筋肉を縫い縮めます。術後の腫れもほとんどありません。
目もとの美容

加齢による逆さまつ毛 退行性眼瞼内反とは?

逆さまつ毛もいろいろな種類があります。加齢による逆さまつ毛では「眼瞼内反」「睫毛乱生」が大きな割合を占めます。眼瞼内反は加齢によりまぶたの筋肉が緩むことでまぶた全体が内側に倒れ込みまつ毛が眼球に当たります。しっかりとした治療が必要です。
目もとの美容

下まぶた(下眼瞼)の構造について

上まぶた(上眼瞼)と下まぶた(下眼瞼)はミラーイメージ、つまり上下反転しているだけで構造は同じです。まぶたの縁(ふち)にある軟骨とそれを引っ張る筋肉や靭帯で構成され、張りを保っています。つまり「つり橋」のようなものです。
目もとの美容

眼瞼下垂の手術適応

眼瞼下垂は、「上の視野が見づらい」だけでなく「全体的に視界が暗い」「まぶたが重い」など様々な自覚症状があります。専門の医師以外は「まぶたが瞳孔(黒目)に隠れるくらいまで下がっていなければ手術適応はない」と説明しますが、そのようなことはなく…
涙道

涙道閉塞の治療 DCR鼻内法

重度の涙道閉塞症(鼻涙管閉塞症)では涙嚢鼻腔吻合術(DCR)をが必要になる場合があります。皮膚を切開する鼻外法と切開しない鼻内法があります。成功率はほぼ同じで、大体の場合は鼻内法で治療することができます。
目もとの美容

眼瞼下垂 まぶたが下がると眉毛が上がる

眼瞼下垂になるとまぶたが下がるため、無意識におでこの筋肉(前頭筋)を収縮させてまぶたを上げようとします。前頭筋を収縮させようとすると眉毛が上がります。これを「代償性眉毛挙上」といいます。また、おでこにシワもよります。手術で解消されます。
目もとの美容

眼瞼下垂 前頭筋つり上げ 材料 筋膜orゴアテックス®

通常の眼瞼下垂の手術はまぶたを上げる筋肉を縫い縮めますが、筋肉が弱い(挙筋機能が悪い)場合は「前頭筋つり上げ術」が必要になります。この術式は、前頭筋と瞼板を吊り上げ材料でつなげることでおでこの筋肉が上がると連動してまぶたが上がります。
目もとの美容

顔面神経麻痺 眉毛下垂 前額リフト

顔面神経麻痺による眉毛下垂に対し、最も広く行われているのは眉毛上皮膚切除術です。しかし、デザイン上の制限がある、顔面の中心に術後瘢痕ができるという欠点も存在します。この欠点を解決しているのが前額リフトです。美容外科の技術としても用います。
タイトルとURLをコピーしました