アートメイク

効果的な「麻酔」とは?

手術の前に必ず行う「麻酔」。神経を鈍感にさせて痛みを抑えます。神経は真皮のごく浅い層に豊富に分布しているため、麻酔もなくべくピンポイントで効かせる必要があります。0.1mm単位のコントロールが求められるため、顕微鏡での作業がベストです。
アートメイク

アイラインアートメイクでドライアイになる?

アイラインアートメイクでは、普通のメイクよりも目のキワまで施術できます。しかし、間違った施術をするとまぶたの大事な機能に傷をつけ、ドライアイを引き起こす可能性があります。アイラインアートメイクはどこまで入れられるのか、それを検証します。
目もとの美容

もし眼瞼下垂の手術を受けるなら。術後の注意点をお話しします。

年間200件くらいの眼瞼下垂の手術を執刀しております。一人一人極限まで細かく丁寧に手術しておりますが、100点のまぶたにするため、患者さんに守っていただきたいことがあります。
目もとの美容

私が全てのまぶたの手術で顕微鏡を使う理由

私が最も他の術者と違うのは、「全てのまぶたの手術で顕微鏡を使用」する点にあります。アートメイクも手術用ルーペを使用します。なぜならば、視野を拡大することにより「細かく」「きれいな」施術ができるからです。
ドライアイ

フォトフェイシャル®️でドライアイ治療

多くの方が悩んでいる疾患、ドライアイ。眼球を覆う涙の層が不安定になることが原因です。点眼などを使用した今までの治療ではなく、美容のレーザー、フォトフェイシャル®を使用した治療が報告され、「未来のドライアイ治療」として注目を集めています。
アートメイク

眼科医の私がアートメイクを手がける理由

もともと眼科医である私ですが、アートメイクも手がけております。それは、私が手がけている年間約500件の手術の中で2番目に件数が多い眉下切開(眉毛下皮膚切除術)術後にできる細い傷あとを隠すことができる素晴らしい技術です。
目もとの美容

手術を生業にする私のモーニングルーティーン

アスリートが試合本番でベストの力が出せるよう、試合前にルーティーンを行うことがあります。手術という「本番」でベストの力が出せるよう、私もルーティーンを日々行っております。
目もとの美容

美容クリニックで施術を受けても効果が実感できず継続しなかった方へ

美容医療に携わり出してから、周囲の女性から美容相談を受けることが多くなりました。「美容医療への関心が高い」「施術を受けたことはあるけど、効果を感じられずに途中で止めてしまったた方が多い」ことを実感します。なぜ効果が感じられないのでしょうか?
顔の美容

フォトフェイシャル®が5回60000円 価格を抑えている理由

私が勤務しているPelle Saloneでは、フォトフェイシャル®を平均110発で5回 60000円の値段にしております。かなり安いと思われますが、これは「広告費」をなるべく省き、皆様の「口コミ」に頼っているためです。
アートメイク

眼科出身の私が美容医療も手がけている理由

美容医療に携わる医師の多くは、形成外科や皮膚科出身です。しかしながら私は眼科専門医を取得したのちにまぶたの手術や美容医療に携わっており、眼科出身です。今だから言えますが、医学生の頃から美容医療に携わりたいと考えていましたが、あえて眼科を選びました。
タイトルとURLをコピーしました