重瞼(二重)術 埋没法 瞼板法と挙筋法の違いとは?

目もとの美容

埋没法の術式として、瞼板法挙筋法があります。

まぶたの裏からを通しますが、まぶたのフチにある瞼板(軟骨)通すのか、瞼板に付いている挙筋腱膜通すのか(実際はミュラー筋にも通糸されますが)という違いがあります。

術式の選択は術者によります。

それぞれのメリットとデメリットを挙げると

メリットデメリット
瞼板法・手術が簡単・使用した糸で
眼球が傷つく可能性がある
・広い二重幅は作成不可
挙筋法・使用した糸で
眼球が傷つく可能性が少ない
・広い二重幅も作成可
・術後眼瞼下垂が起きる可能性

ということになります。

どんな「~式重瞼術♡」 でもこのどちらかに当てはまります。

瞼板法は手術が容易ですが、硬い瞼板の裏に糸が出る瞼板法は、どうしても眼球つけるリスクがありますし、今までも他院手術で眼球をつけた患者さんをたくさん診てきました

まぶた専門とさせていただいている立場から、瞼板法絶対お勧めしません。

 

タイトルとURLをコピーしました