目もとの美容

目もとの美容

顔面神経麻痺による眉毛下垂、下眼瞼外反

おでこやまぶた、口を動かす筋肉を支配している神経を「顔面神経」といいます。ウイルスなどが原因で顔面神経が麻痺すると写真のような顔つきになります。早期に治療を開始すれば治癒しますが、治療が遅くなると治癒しない事があり手術が必要です。
目もとの美容

眼瞼下垂とは 治療編 3. 挙筋短縮術

挙筋短縮術は挙筋腱膜とミュラー筋両方とも縫い縮める術式、重度の眼瞼下垂にも対応できます。解剖学的にも正しい術式ですが、他の術式に比べると術後の腫れがやや強めのため挙筋短縮術を使うかどうかしっかりと考える必要があります。
目もとの美容

眼瞼下垂とは 治療編  2. ミュラー筋タッキング術

ミュラー筋タッキングとは、挙筋腱膜には触れずに周囲の組織から剥離しないままのミュラー筋を瞼板に縫い縮める術式です。手術時間が短く術後腫脹が少ない利点はありますが、二重が消えやすく術後再発(眼瞼下垂の後戻り)しやすいという欠点があります。
目もとの美容

眼瞼下垂とは 治療編  1. 挙筋腱膜前転術

眼瞼下垂は手術で直すことができ、治療する部位により術式が変わります。最もポピュラーなのは、まぶたをあげる筋肉のうち挙筋腱膜のみを縫い縮める「挙筋腱膜前転術」です。消えない二重を作成できる点、術後の腫れが少ない点から私の第一選択です。
目もとの美容

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは?眼瞼下垂はなぜおこるのでしょうかなぜ起こるのでしょうか?まぶたには上眼瞼挙筋という筋肉があります。上眼瞼挙筋は挙筋腱膜という膜とミュラー筋という筋肉に分かれてまぶたを引っ張り上げています。これらが緩むとまぶたが下がってきます。
目もとの美容

上まぶたの皮膚のたるみは二重を作ってせき止める。二重のつくり方。

眼瞼下垂の方に必発なのが眼瞼皮膚弛緩症です。弛緩した皮膚が睫毛に当たると重みを感じるようになる為二重を作り皮膚のたるみをせき止める、機能的にも大事です。二重のつくり方には2つあります。長持ちするHotz変法と消える可能性があるもう一つです。
アートメイク

アートメイクアイライン 眼科医だからこそ

まぶたの縁には油を出す穴、Meibom腺 があります。そこが詰まると、油がうまく出ずにドライアイになったり霰粒腫(ものもらい)になったりします。アイラインのアートメイクは目もとの解剖に熟知した眼科医の施術をお勧めいたします。
目もとの美容

眼瞼下垂になると眉毛の位置が上がり、頭痛の原因にもなります。

眼瞼下垂になると、下垂しているまぶたの位置を戻そうとして前頭筋が無意識に緊張(収縮)します。前頭筋の緊張は頭痛の原因にもなります。眼瞼下垂の手術をすることにより前頭筋の緊張が緩み、眉毛の位置が下がり頭痛も改善されます。
目もとの美容

眼瞼下垂手術後の標準的な経過をお見せします。

眼瞼下垂手術はまぶたの手術の中では比較的数多く行われています。若い方でも眼瞼下垂の方はいますが、ほとんどは加齢によるものです。切らない手術もありますが、私は顕微鏡を使用した上でまぶたを1~3cm切開する術式を用いています。
アートメイク

アートメイク眉 2回の施術で1セットです。

アートメイク眉。アートメイクは真皮浅層に色を定着させます。表皮に入った色に関しては1週間くらいで抜けますので、2回の施術で色を定着させた方が自然に入ります。
タイトルとURLをコピーしました