目もとの美容

目もとの美容

眼瞼下垂の手術適応

眼瞼下垂は、「上の視野が見づらい」だけでなく「全体的に視界が暗い」「まぶたが重い」など様々な自覚症状があります。専門の医師以外は「まぶたが瞳孔(黒目)に隠れるくらいまで下がっていなければ手術適応はない」と説明しますが、そのようなことはなく…
目もとの美容

眼瞼下垂 まぶたが下がると眉毛が上がる

眼瞼下垂になるとまぶたが下がるため、無意識におでこの筋肉(前頭筋)を収縮させてまぶたを上げようとします。前頭筋を収縮させようとすると眉毛が上がります。これを「代償性眉毛挙上」といいます。また、おでこにシワもよります。手術で解消されます。
目もとの美容

眼瞼下垂 前頭筋つり上げ 材料 筋膜orゴアテックス®

通常の眼瞼下垂の手術はまぶたを上げる筋肉を縫い縮めますが、筋肉が弱い(挙筋機能が悪い)場合は「前頭筋つり上げ術」が必要になります。この術式は、前頭筋と瞼板を吊り上げ材料でつなげることでおでこの筋肉が上がると連動してまぶたが上がります。
目もとの美容

顔面神経麻痺 眉毛下垂 前額リフト

顔面神経麻痺による眉毛下垂に対し、最も広く行われているのは眉毛上皮膚切除術です。しかし、デザイン上の制限がある、顔面の中心に術後瘢痕ができるという欠点も存在します。この欠点を解決しているのが前額リフトです。美容外科の技術としても用います。
目もとの美容

顔面神経麻痺 眉毛下垂 眉毛上皮膚切除術

おでこの筋肉(前頭筋)は顔面神経が支配しています。顔面神経麻痺に罹患すると前頭筋が弛緩し、眉毛高に左右差が出てきます。これを「眉毛下垂」といいます。眉毛の上縁に沿って皮膚を切除し縫合することで眉毛下垂を改善するのが「眉毛上皮膚切除術」です。
目もとの美容

顔面神経麻痺による眉毛下垂、下眼瞼外反

おでこやまぶた、口を動かす筋肉を支配している神経を「顔面神経」といいます。ウイルスなどが原因で顔面神経が麻痺すると写真のような顔つきになります。早期に治療を開始すれば治癒しますが、治療が遅くなると治癒しない事があり手術が必要です。
目もとの美容

眼瞼下垂とは 治療編 3. 挙筋短縮術

挙筋短縮術は挙筋腱膜とミュラー筋両方とも縫い縮める術式、重度の眼瞼下垂にも対応できます。解剖学的にも正しい術式ですが、他の術式に比べると術後の腫れがやや強めのため挙筋短縮術を使うかどうかしっかりと考える必要があります。
目もとの美容

眼瞼下垂とは 治療編  2. ミュラー筋タッキング術

ミュラー筋タッキングとは、挙筋腱膜には触れずに周囲の組織から剥離しないままのミュラー筋を瞼板に縫い縮める術式です。手術時間が短く術後腫脹が少ない利点はありますが、二重が消えやすく術後再発(眼瞼下垂の後戻り)しやすいという欠点があります。
目もとの美容

眼瞼下垂とは 治療編  1. 挙筋腱膜前転術

眼瞼下垂は手術で直すことができ、治療する部位により術式が変わります。最もポピュラーなのは、まぶたをあげる筋肉のうち挙筋腱膜のみを縫い縮める「挙筋腱膜前転術」です。消えない二重を作成できる点、術後の腫れが少ない点から私の第一選択です。
目もとの美容

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは?眼瞼下垂はなぜおこるのでしょうかなぜ起こるのでしょうか?まぶたには上眼瞼挙筋という筋肉があります。上眼瞼挙筋は挙筋腱膜という膜とミュラー筋という筋肉に分かれてまぶたを引っ張り上げています。これらが緩むとまぶたが下がってきます。
タイトルとURLをコピーしました