アートメイク

アートメイク

もし眉下切開手術を受けるなら。術後の注意点をお話しします。

まぶたのたるみ取りの手術は①重瞼術(埋没法)②重瞼術(切開法)③眼瞼下垂④眉下切開に分けることができます。この中で一番自然で顔の印象が変わらないのが眉下切開です。眉下切開を受けることを検討されている方へ、術後の注意点を全てお話しします。
アートメイク

「アイラインアートメイク 」 施術時の痛みを最小限にする麻酔

アイラインアートメイクで目もとを美しくすることができます。しかし、目元は感覚が鋭敏なため施術時の痛みがネックになることもありました。しかし、当院では目もとを専門とした医師ならではの麻酔法を導入し、痛みを最小限に抑えて施術しております。
アートメイク

効果的な「麻酔」とは?

手術の前に必ず行う「麻酔」。神経を鈍感にさせて痛みを抑えます。神経は真皮のごく浅い層に豊富に分布しているため、麻酔もなくべくピンポイントで効かせる必要があります。0.1mm単位のコントロールが求められるため、顕微鏡での作業がベストです。
アートメイク

アイラインアートメイクでドライアイになる?

アイラインアートメイクでは、普通のメイクよりも目のキワまで施術できます。しかし、間違った施術をするとまぶたの大事な機能に傷をつけ、ドライアイを引き起こす可能性があります。アイラインアートメイクはどこまで入れられるのか、それを検証します。
アートメイク

眼科医の私がアートメイクを手がける理由

もともと眼科医である私ですが、アートメイクも手がけております。それは、私が手がけている年間約500件の手術の中で2番目に件数が多い眉下切開(眉毛下皮膚切除術)術後にできる細い傷あとを隠すことができる素晴らしい技術です。
アートメイク

眼科出身の私が美容医療も手がけている理由

美容医療に携わる医師の多くは、形成外科や皮膚科出身です。しかしながら私は眼科専門医を取得したのちにまぶたの手術や美容医療に携わっており、眼科出身です。今だから言えますが、医学生の頃から美容医療に携わりたいと考えていましたが、あえて眼科を選びました。
アートメイク

傷跡を消す(カモフラージュ)技術 アートメイク

アートメイクは毎日のメイクの代わりになるだけでなく、体に残りコンプレックスとなっている傷あとを隠すこともできます。幼児期に眉毛の上をぶつけてしまい、一部眉毛が無くなった方に眉毛を作りました。パラメディカル、医療としてのアートメイクです。
アートメイク

アートメイクアイライン 眼科医だからこそ安全です。

目を魅力的に際立たせるアートメイクアイライン。アートメイクは表面にクリーム状の麻酔をした後に針で色を入れていきます。基本的には安全ですが、アイラインへの施術時は針を眼球に向けて施術するため眼科医と提携している施設をお勧めいたします。
アートメイク

眉下切開の傷あとを消すアートメイクとのコンビネーション

現在大流行している眉下切開(眉毛下皮膚切除術)。メリットもたくさんありますが、どんなにきれいに縫っても傷あとを消すことはできません。眉下切開の後に眉アートメイクを施術することで、傷跡を眉の中に隠し傷あとを「見えなく」させることが可能です。
アートメイク

アートメイクアイライン 眼科医だからこそ

まぶたの縁には油を出す穴、Meibom腺 があります。そこが詰まると、油がうまく出ずにドライアイになったり霰粒腫(ものもらい)になったりします。アイラインのアートメイクは目もとの解剖に熟知した眼科医の施術をお勧めいたします。
タイトルとURLをコピーしました